2019年11月13日水曜日

日光サンガ 11月の「気づきの日」瞑想会の報告(1)

2019年11月3日、日光サンガ「気づきの日」の瞑想会が開かれました。


まず始めに、トゥさんの誘導で座る瞑想とトータルリラクゼーションがあり、その後、アンフーンさんの法話がありました。

「Good morning, Dear friends」
親愛なる皆さん、おはようございます。
私はこうして皆さんに「Dear friends」と呼び掛けるときに大きな喜びを感じます。
これは単なる言葉ではなく、心の深いところで経験されているものです。
たとえ皆さんがこの法話に初めて参加したとしても、私は皆さんに「Dear friends」、「私の親愛なる友」と呼び掛けます。

15年前、ワシントンで心理療法のシンポジウムが開かれて、私はそこでマインドフルネスの講演をしました。
その講演の冒頭で、私は参加者の方々に「Dear friends」と呼び掛けたことを憶えています。
数年後、講演の参加者の一人が私の瞑想会に参加しました。
彼女は私の講演の中で聴いた鐘の音と、「Dear friends」という言葉のことをシェアしてくれました。そして、涙を流しました。

「Dear friends」という言葉は決して難しい言葉ではありません。Dear(親愛なる)とfriends(友よ)というシンプルな言葉の組み合わせです。
しかし、その言葉を聞いたときに、彼女の心の奥深くにある愛の種、つながりの種に水が注がれたのです。

彼女が私に話してくれたことは、彼女のこれまでの人生の中で初めて愛を感じた瞬間が、「Dear friends」という言葉を聞いたときだったことです。
その後、彼女は多くの法話を聞きましたが、この「Dear friends」というシンプルな言葉が、彼女にとっては、大きな愛を感じる言葉でした。

そして今は、皆さん一人ひとりに心の奥深くから「Dear friends」と呼び掛けます。
なぜなら、皆さん一人ひとりがマインドフルネスの実践をするために、今ここに集まったからです。
マインドフルネスの実践を通して、皆さん一人ひとりの中に「先生」の存在が現れてくるからです。

マインドフルネスの実践によって、私たちは昏睡状態のような深い眠りから目覚めます。
そして、目覚めた後、私の愛、喜び、痛み、は全て私にとって「Dear」親愛なるものになります。

マインドフルネスの実践を通して、私は自分の痛みに触れることができます。
痛みを愛の目でまっすぐに見つめ、恐れることはありません。痛みを「Dear」親愛なるものとして受け入れることができます。

親愛なる皆さん、この「Dear friends」という言葉は、ただの言葉ではありません。
この言葉をどの部分から発するのかで、そのエネルギーの伝わり方が変わります。

ときには、誰かを見つめるだけで、相手が泣き出すことがあります。
ときには、誰かを抱きしめるだけで、相手が泣き出すことがあります。
言葉は発していません。ただ見つめる、ただ抱きしめる、それだけで誰かの目から涙が溢れ出すことがあります。

涙を流すこと、それは癒やしの瞬間です。
何世代にも渡って、心の奥で凍りついた固まりが、溶け出す瞬間です。それはマインドフルネスの奇跡です。

現代社会では、心の奥で凍りついた固まりが、長い時間そのままになっていることがあります。
私たちは、とても忙しい毎日を送っています。
やるべきことがたくさんあります。良いこともたくさんしようと思っています。
ただし、泣くための時間や場所が無いのです。

今日、この「気づきの日」、マインドフルネス実践の日は、私たちの意図は、ただ、私たちのためにいるということです。
何かをする必要はありません。何かを達成する必要もありません。
ただ、私であれば良い、私と共にいれば良いのです。

愛や平和や安心のエネルギーがサンガにある、そこに行けば、愛や平和や安心を感じることができる、サンガをそんな場所にしたいと思っています。
そしてそれは、サンガに参加した方一人ひとりのマインドフルネスの実践をそうして出来上がっていくものだと思います。

サンガの中で一人ひとりがマインドフルネスの実践をすることで、マインドフルネスのエネルギーが私たちの心の中で凍りついている固まりを溶かしてくれます。それがマインドフルネスの奇跡です。

ですから、親愛なる皆さん、皆さんは今、正しい場所にいますよ。

皆さんは今、愛されています。見つめられています。
これまでの人生の中で、皆さんは愛されたり、見つめられたことが無かったかもしれません。
ですが、皆さんは、愛される存在であり、見つめられる存在であり、掛け替えのない貴重な存在です。
皆さんが今ここにいることに、心から感謝しています。

<次回に続きます>

2019年10月27日日曜日

11月3日「気づきの日」マインドフルネス・プラクティスを開催


2019年11月3日に全国共通の「気づきの日」1日瞑想会(マインドフルネス・プラクティス)が開催されます。

【プログラム】
10~12時半頃:ティク・ナット・ハン師の姪であるアン・フーンさんご夫妻による法話とトータル・リラクゼーションがワシントンと繋いでライブ中継。
12時半~13時半頃:食べる瞑想
13時半~14時半頃:歩く瞑想、マインドフルネス体操
14時半~15時半頃:歌う瞑想、座る瞑想
15時半~16時頃:5つのマインドフルネス・トレーニングの読み合わせ
16時~17時頃:ダルマ・シェアリング(わかちあいの瞑想)
 (プログラムの合間に適宜休憩があります)

瞑想初心者でも大歓迎です。ご参加をお待ちしております♪

【日時】 2019年11月3日(日曜日)
     10時~17時頃
    (会場は9時半前には開いています)
    (法話に参加される場合、開始5分前には到着をお願いします)
    (午前のみ/午後のみ/途中退席も可です)

【場所】 栃木県さくら市喜連川公民館・2階・和室

     
     ※駐車場有り
     ※公共の交通機関の場合、氏家駅から先のバス便が大変少ないです。
      事前にご連絡頂ければ、JR氏家駅から無料送迎します。
      (JR氏家駅に9時までに到着して下さい)

【参加費】 1000円+任意のドネーション

  ※アン・フーン&トゥご夫妻は、日本のサンガづくりのため、
   無償で法話をしてくださっています。
   活動継続のため、全くの任意で構いませんので、
   よろしければご寄付のほど宜しくお願い致します。

【持ち物】・昼食(なるべく菜食で)
     ・飲み物(水筒、ペットボトル等)
     ・温泉セット♨(瞑想会後、時間のある方は♪)
      (すぐ近くに日本三大美肌の湯/喜連川温泉があります♪)
(※今月は、プラムヴィレッジの瞑想・歌・経典の新しい冊子の配布があります)

【申込み】参加申込みは📮こちらから📮
     前日まで参加を受付けています。



会場の和室です。2間あって、とっても広いです


歩く瞑想では喜連川神社に行き、マインドフルネス体操をします

瞑想会の後は、時間のある方は温泉に行きます。
松島温泉・乙女の湯が定番です。
ほど良い温度の露天風呂に浸かり、のんびりと過ごしましょう♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

2019年9月30日月曜日

10月6日「気づきの日」マインドフルネス・プラクティスを開催


2019年10月6日に全国共通の「気づきの日」1日瞑想会(マインドフルネス・プラクティス)が開催されます。

【プログラム】
10~12時半頃:ティク・ナット・ハン師の姪であるアン・フーンさんご夫妻による法話とトータル・リラクゼーションがワシントンと繋いでライブ中継。
12時半~13時半頃:食べる瞑想
13時半~14時半頃:歩く瞑想、マインドフルネス体操
14時半~15時半頃:歌う瞑想、座る瞑想
15時半~16時頃:5つのマインドフルネス・トレーニングの読み合わせ
16時~17時頃:ダルマ・シェアリング(わかちあいの瞑想)
 (プログラムの合間に適宜休憩があります)

瞑想初心者でも大歓迎です。ご参加をお待ちしております♪

【日時】 2019年10月6日(日曜日)
     10時~17時頃
    (会場は9時半前には開いています)
    (法話に参加される場合、開始5分前には到着をお願いします)
    (午前のみ/午後のみ/途中退席も可です)

【場所】 栃木県さくら市喜連川公民館・2階・和室

     
     ※駐車場有り
     ※公共の交通機関の場合、氏家駅から先のバス便が大変少ないです。
      事前にご連絡頂ければ、JR氏家駅から無料送迎します。
      (JR氏家駅に9時までに到着して下さい)

【参加費】 1000円+任意のドネーション

  ※アン・フーン&トゥご夫妻は、日本のサンガづくりのため、
   無償で法話をしてくださっています。
   活動継続のため、全くの任意で構いませんので、
   よろしければご寄付のほど宜しくお願い致します。

【持ち物】・昼食(なるべく菜食で)
     ・飲み物(水筒、ペットボトル等)
     ・温泉セット♨(瞑想会後、時間のある方は♪)
      (すぐ近くに日本三大美肌の湯/喜連川温泉があります♪)
(※今月は、プラムヴィレッジの瞑想・歌・経典の新しい冊子の配布があります)

【申込み】参加申込みは📮こちらから📮
     前日まで参加を受付けています。



会場の和室です。2間あって、とっても広いです


歩く瞑想では喜連川神社に行き、マインドフルネス体操をします

瞑想会の後は、時間のある方は温泉に行きます。
松島温泉・乙女の湯が定番です。
ほど良い温度の露天風呂に浸かり、のんびりと過ごしましょう♪


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

2019年9月26日木曜日

日光サンガ 9月の「気づきの日」瞑想会の報告(3)


(前回の続きです)

アンフーンさんの法話を聞きながら、思い出したことがあります。

それは、私が受験生だった時に、受験勉強中に、勉強以外の考え事に囚われてしまった時に、よく自分の頬を自分で叩いていたことでした。

その当時は、
”良い大学に入ることで、自分の抱えている劣等感を克服しよう”
”これまで自分のことを軽く見ていた人達を見返してやろう”
という思いでいっぱいでした。

そうした反骨精神を持って必死になって勉強しました。
それでも、勉強中にいろいろな考え事が湧いてきました。
たいていは、学校で同級生から言われた言葉を思い出しては、怒りを蒸し返していました。

そんな自分自身を許すことが出来ずに、頬を叩いては、自分で自分を叱りつけていました。

その結果、確かに希望の大学に合格することはできました。
しかし、心の奥底では、劣等感が抑圧されたまま、残り続けました。
そんな劣等感から目を隠すように、周囲に対して傲慢な考えを抱き続けました。

鐘の音を聴きながら、タイ(ティク・ナット・ハン師)のように、左の手で、右の手を取り、
右の頬に優しく触れ、深くゆったりと呼吸をしました。
当時のことを心に思い浮かべながら、瞑想をしました。

..........

右手で拳を作って 右の頬を叩いてしまった私

私の右の頬 傷ついたね 痛かっただろう ごめんね 

私の右の手 傷つけたあなたも また同時に 傷ついたね

そして 私の心も 深く傷ついた

もう これ以上は傷つけないよ

私は今 タイのように 右手で 右の頬を優しく触れる

右手と 右の頬が 共に優しく いたわり合っている

右手と 右の頬に 暖かいエネルギーが流れてくる

右手と 右の頬が 幸せと喜びで包まれる

暖かいね ありがとう

..........


その後は、トゥさんの誘導でのディープリラクゼーションと、各サンガからのシェアリングがありました。

お昼になって、食べる瞑想を行いました。
トゥさんからの提案を受けて、今回は、食べる前に鐘を招いて、呼吸に帰り、最初の一口目を50回以上噛む実践を行いました。私が最初に口に入れたのは高野豆腐の煮物でした。
高野豆腐を50回以上ゆっくりと噛んで、味、香り、歯ざわりが刻一刻と変化する感覚をじっくりと味わいました。

その後は、歩く瞑想、歌う瞑想、座る瞑想、経典の読み合わせ、ダルマシェアリングを行いました。

この気づきの日の前に、日本のサンガネットワークから、新しい歌と経典の冊子が届きましたので、
今回は新しい冊子に載っている歌を歌うことにしました。

座る瞑想の後に続けて、『慈しみの教え(慈経)』を朗読し、マインドフルネスのエネルギーと共に慈悲の心を育みました。

さらに、プラムヴィレッジで耳にした経典『怒りを消し去るための5つの教え』を、一緒に朗読しました。

最後のダルマシェアリングでは、サンガのメンバーそれぞれが深いシェアをしてくれました。
日光サンガは少人数のささやかなグループですが、一人一人がサンガのことを大切に思ってくれて、心を込めた実践を続けてくれているのが、本当に嬉しいです。

そんなサンガを続けられて本当に良かったと思いました。

最後に、皆で 『You are a buddha to me』を歌いました。

参加してくれた皆さま、本当にありがとうございました。

次回の気づきの日は10月6日(日曜日)です。
場所は、同じく、さくら市 喜連川公民館・和室 です。

また、一緒に瞑想ができることを楽しみにしています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

2019年9月13日金曜日

日光サンガ 9月の「気づきの日」瞑想会の報告(2)



(アンフーンさんの法話の続き)

時々、私も大きな寂しさ、孤独感に襲われるときがあります。
誰も私の傍にいてくれない… 誰も私のことを理解してくれない…
そんな時、私は静かに座ったり、横たわった状態で、両手で自分の身体を抱きしめるようにして、ゆったりと呼吸をします。
そうすると、いつも気分が楽になってきます。
寂しさ、孤独感、怖れが和らいできます。

時々、私は頭を使って歩いていて、自分の足元が床には無くて、空の上をフラフラと歩いているような感覚になることがあります。
多くの考え事に囚われて、頭が重くなっているように感じられる時があります。

そんな時にも、横たわって、両手で自分の身体に触れて、ゆっくりと息を吸い、息を吐きます。
そうして、私はいつも自分の身体に戻っていき、バランスを取り戻します。

マインドフルに自分の身体に触れ、息を吸って、息を吐くと、私の心は身体に戻ります。
私は私のために、ここにいることが出来るようになります。
自分のことを癒してあげることが出来ます。

マインドフルネスの種は一人ひとりの中に必ずあります。
マインドフルになるという能力は一人ひとりが持ち合わせています。

私達がマインドフルネスの実践をする時、
マインドフルに呼吸をする、マインドフルに歩く、マインドフルに食べる時、
私達は自分の中にあるマインドフルネスの種を少しずつ育てていくことが出来ます。

マインドフルネスのエネルギーとは、
今この場所に存在して、愛するためのエネルギーです。

そして、私達がマインドフルな呼吸を実践するとき、
マインドフルネスのエネルギーを高めることが出来ます。

今この場所に存在して、愛するエネルギー
今この場所に私が存在していることを、肯定するエネルギー
今この場所にいることを、受容して受け入れるエネルギーです。


私がマインドフルネスの実践を始める前、
私が孤独や不安を感じると、”何かをしなければならない”という気持ちに急き立てられていました。
その孤独や不安と対峙しなくても済むように。

でも、私がマインドフルネスの実践をするようになってからは、サンガという大きな支えにも助けられて、孤独や不安を感じる時には、両手で自分の身体を抱きしめるようにして、呼吸をして、その孤独や不安を自分で癒してあげられるようになりました。

両手で自分の身体を抱きしめて、ゆったりと呼吸をする実践を通して、私が学んだことは、
今の自分の状態、今、自分が孤独を抱えているという状態を、ありのままに受け入れるということを学びました。

今、自分は孤独や不安を感じているが、そこから逃げ出さなくても良い。
そのことに「YES」と言い、孤独や不安と共に呼吸をすることが出来る、ということを学びました。

タイ(ティク・ナット・ハン師の愛称)から多くの法話を聞きましたが、どの法話の内容も私にとっては難しく感じられました。
多くの法話を聞いても、自分の中に孤独感や不安を感じると、その感情から逃げ出したいという習性が根強く、孤独感や不安から逃げ出そうとする衝動が湧き上がって来ていました。

”自分のありのままの感情を受け入れたくない”という習性は実に根強いものでした。
ですから、この習性から抜け出すことは実に難しいものでした。
私の周りの人々も、私の家族でさえも、同じ習性を抱えていました。
ですから、新しい習慣を取り入れることは、決して容易ではありませんでした。

ですが、私は少しずつ学んでいきました。
今の自分の状態に「YES」と言い、今の自分の身体と心の状態を受け入れて、そのありのままの状態で呼吸をするということを少しずつ学んでいきました。
そうして、何年も何年も実践を積み重ねることによって、この新しい習慣が自分の中で定着していくようになりました。

孤独感や不安を感じる時は、そのことに気付くようになりました。
そして、両手で自分の身体を抱擁して、そのありのままの状態を受け入れて呼吸をすることが出来ることを学びました。

そして、これがマインドフルネスであり、
私の身体を抱擁しているその両手は、私の手では無く、ブッダの手です。
ブッダの手によって、自分の中に起きている孤独感や不安に気づき、
ブッダの手が、その孤独感や不安を受け入れて、それを抱擁するようになります。

私は、私自身を揺りかごの中にいれて揺らしてあげるように、
あるいは、ブッダの手によって抱擁されているように
あるいは、私自身が赤ちゃんの時に、お母さんが愛を持って抱きしめてくれた時のように、
自分で自分をあやして、ゆるします。

そのように、私自身を揺りかごの中に入れて揺らしてあげること、抱擁すること、あやして、ゆるしてあげること、
それを繰り返すと、必ず、私の中に、暖かいものが流れ、落ち着き、平安というものがじわじわと広がっていきます。

とても興味深いことは、そのように孤独を感じ、孤独に気づく時、そこには一緒に恐怖心というものもあり、自分が凍って固まったような感覚、とても寒い感覚が必ず一緒にありました。
そして、その孤独や恐怖、凍って固まったような感覚に気づいて、両手で自分を抱擁する実践を行うと、自分の中に暖かいものが流れて、その熱によって自分の中にある氷が融けていくような感覚がありました。

私が孤独や不安、恐怖を感じる時、必ず、自分が凍り固まったような感覚がありましたが、なぜそうなるのかは分かりませんでした。もしかしたら、子供の時からそうだったのかも知れません。子供の時に、そのような出来事が起きると、何も出来なくて、ただ凍り付くことしか出来なかったから、かも知れません。
ですが、実践を通して、自分のその状態を受け入れて、「YES」と言ってあげて、自分で自分を暖めてあげるうちに、その凍り固まったものが融けていきました。
それはまるで奇跡のようでした。

最初の頃は、震える感覚、寒いときのようにガタガタと震える感覚がありました。
そして、しばらくすると、涙が出てきました。
その涙が溢れ出てくると、「あ…自分が今生きているんだ」という実感が出てきました。

時々、私は両手で自分の頬に優しく触れます。
その時、まるで、自分の先生や、ブッダ、尊敬する師匠が私の頬に優しく触れてくれるような感覚になり、まるで、ブッダが私を優しく抱擁してくれるような感覚になり、
暖かいものが私の中にこみあげてきて、涙が出てくるようでした。
それはまるで、暖かい、ブッダの愛のシャワーを浴びているように感じて、涙が溢れ出てきました。
その涙はとても心地の良い、幸せな時間につながりました。

数年前、私達の親愛なるタイ(ティク・ナット・ハン師)が脳出血で倒れ、身体の右側が動かなくなり、左手しか動かすことが出来なくなりました。
タイはリハビリのためにアメリカのサンフランシスコにある弟子の家に滞在されました。
滞在中、タイは揺り椅子に座り、窓から外のゴールデン・ゲート・ブリッジを眺めていました。
私はそんなタイの様子を部屋の入り口から見ることがありました。
そんな時に、私がよく目にしたことは、タイは麻痺した右手を左手で取り、右の頬に優しく当てていることでした。
タイは最初からそのようなことが出来たわけではありませんでした。
ですが、リハビリを少しずつ重ねていくうちに、麻痺した右手を左手でゆっくりと取って、ご自身の右の頬に当てることが出来るようになりました。
タイはその動作をゆっくりと丁寧に行っていました。そして、右手を右の頬に当てる時には、とても深い愛情を込めて行っていることが感じられました。

私達はタイの教え子として似たようなことが起きているとも言えます。
私達の中にも、どこか麻痺している部分があります。
そんな時、私達はタイと同じように、
タイが麻痺した右手を誘導して、右の頬に優しく触れた時のように、
自分の中の麻痺した身体や感情などを、
抱擁して、癒してあげることが出来ます。
それがブッダから私達に教えられた瞑想の実践です。

脳出血で倒れてからというもの、タイはずっと車椅子で生活をされ、私達の前で法話をすることもないまま、5年が過ぎました。例え、直接的な法話は無くても、その存在、あり方によって、タイはいつでも私達に多くの教え、愛、癒しを与えて下さっています。

それはタイの心の中に、非常に深い慈悲の念が私達に向けられているからです。

痛みに対して、決して「NO」、否定をすることなく、常に「YES」、受け入れる。
自分自身の身体の痛みだけでなく、孤独、不安、怖れといった心の痛みに対しても、共に呼吸をして、抱きしめること。
タイがされていた、麻痺した右手を左手で誘導して、右の頬に優しく触れた、その動き、胃イメージというものを、皆様も、ずっと、心の中で持っていてください。

私達がこのようなことを出来ると、麻痺した部分を、麻痺していない部分によって癒してあげることが出来るようになると、
私達の人生に対しても、人生の痛みや苦しみに対しても、「YES」、肯定や受け入れることが出来るようになります。

それでは、これから鐘を招いて、呼吸をし、
その後に、ディープリラクゼーションの時間に入ります。

これから、鐘を招きますが、
先ほどお話ししたように、自分の手で頬に触れる、自分の手を胸に当てるなど、
自分が心地良いと感じられるものを見つけて、
鐘の音と共に、一緒に呼吸を味わいましょう。

ありがとうございました。

(法話終わり)

(次回に続きます)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ